アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「リフォーム」のブログ記事

みんなの「リフォーム」ブログ


壁にハンガー用のポールを取り付けてみた

2017/04/06 17:40

とにかく部屋が片付かないので、もう壁に何か吊り下げるしかないと思い、ハンガーなどを引っ掛けられるポールを設置することにした。
180センチほどの角材(SPF材=品質はともかく安い)と、同じく180センチの13ミリ径ステンレスパイプ、パイプを木材に取り付ける金具(ブラケット)を買ってきた。
SPF材・・・279円
パイプ・・・562円
ブラケット(端用と中間用各2個)・・・812円
合計1653円でした。

取り付けのキモは、「角材を壁のどこに取り付けるか」。石膏ボードの壁だと、いくらネジを打ち込んでも強度が足りない。(石膏ボード用アンカーという、強度を保つ部品もあるが)壁の中にある45センチ間隔の柱にネジを打ち込みたいわけです。
この「壁の中にある柱」を知るには・・・
・壁紙を剥がして石膏ボードをネジ止めしている箇所を調べる
・「壁裏センサー」「下地センサー」と呼ばれる機材を使って調べる(細い針を刺して調べる器具もある)
・壁の端から45センチ間隔目安に「勘」で打つ
まあ、そんなに高いものじゃないので、DIYをやる人はセンサーを一つ購入しておいてもいいと思います。

画像


画像



シンワ測定 下地センサー Super スーパー 78576
シンワ測定

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by シンワ測定 下地センサー Super スーパー 78576 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


サンゲツのショールームにて

2017/02/06 05:11

土曜日に「サンゲツ」のショールームに言った。「サンゲツ」というのは、内装の材料、主に壁紙やカーテン、カーペットなどのメーカーだ。
ショールームではカタログだけではなく、60センチ四方ほどのサンプルを実際に手にとって見ることができるので、これから新築やリフォームを考えている家族がたくさん来ている。
ショールームに行った時間が遅かったので、閉店までいたのだけど、来ている人たちのサンプルの扱い方が雑で嫌になった。サンプルを手にとって見たあと、本当なら元の場所に戻せば他の人も見ることができる。だけど、わざわざ返却ボックスが用意されていて、元に戻さなくても良いようになっている。それなのにそこいらじゅうに置きっぱなし。「どうせ係の人が戻すんだからそこら辺に置いておけばいいだろう」という考えなのか。
まあ、オレも人のことを言えるほど善い行いをしているわけではないかもしれない。無意識に、悪気なく他人に不快感を与えているかもしれない。そう考えると、サンプルを返却ボックスへ戻さない人も、単に気づかずそこら辺に置きっぱなしにしたのかもしれない。

画像

画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


リビングのリフォーム

2016/06/23 01:49

りビングのリフォームをした。
今回は大袈裟に言うと「我が家のリフォーム史上最大の規模」で、壁紙を貼り替えるだけでなく、和室との壁も一部壊して、リビングとの間のふすまも取っ払い、大きく開口するようにした。
リフォーム全体の詳細は書かないが、大きく変わった中の一つ、インターホンと壁紙の種類を書いておこうと思う。

画像

これが元の状態。30年近く前の商品そのままで、今では「HALS」というホームセキュリティシステムのブランド自体無くなってしまったようだ。まるごと新しい物に取り替えたいが、警報器などが接続されているため右のユニットには手がつけられなかった。

画像

壁を壊し、新たにモニター付きインターホンを取り付けるべく穴を調整する。

画像

これが完成状態。綺麗にできたが、コンセントやインターホンの新しさに比べると、セキュリティシステム部分の古さはまったく否めない。
しかしこれでも、セキュリティシステムのプラスチック部分は一旦全て外し、漂白剤で脱色してあるので、かなり元の色に近づいているはずだ。この時代の、こういった製品は元々黄ばんだ感じだったと思う・・。

画像

今回使用した壁紙は、リリカラのLV-6151。ホームセンターで売っている一番安いシリーズよりは一段上のもので、カミさんが選んだ。ちなみに、50メートルで21,000円(税抜き)業者に頼むよりは全然安い。今回この50メートルでリビングと和室の壁は全て貼ることが出来た。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


イケアの家具にご用心

2016/06/15 00:17


イケアには、比較的安価でデザインの優れた家具が多く、いつ行っても家族連れや若いカップルで賑わっている。
しかし、いくつか購入して見えてきた問題点もあるので記しておきたい。

1.重い
まず購入すると、持ち帰るときにその重さで苦労することになる。ちょっとした組み立て家具でも、腕力のない女性ではクルマに積みこむのも大変だろう。同じダンボールのサイズでも、ホームセンターで売っているようなカラーボックスを想像していると腰を悪くすることになる。とにかく板という板が圧縮材でできていて、中空のパーツが少ない。
また、その重さから、設置が大変だ。北欧の家の構造がどのようなものかわからないが、おそらく日本のように、「柱と柱の間に、石膏ボードで壁を作る」というものとは違うのではないだろうか。どこにネジを打ち込んでも大丈夫な木材で全体ができていなければ、イケアの吊り戸棚は、その重さで壁を破壊してしまう。

2.組み立てが難しい
もちろん種類によるが、ホームセンターや、よくある通販で購入する組み立て家具とは組み立ての難易度が違う。「ネジ穴の位置を型紙通りに印をつける」ことや「電動ドリルで穴を開ける」なんてことが普通に出てくる。しかも、説明書は万国共通でコストダウンを図ったのか、イラストのみで文字がない。また、似たようなサイズのネジも多く、よく見ないと間違えそうだ。
イケアの売り場に行けばわかるが、電動ドリルなどの工具があちこちで売られているには理由がある。

3.日本の家屋に似合うのか?
イケアはすべてが北欧テイストなので、持ち帰ってみると日本家屋に似合わないということもあるだろう。例えばキッチンの家具も炊飯器を置く場所など無いなど、日本向けにはできていない。
売り場はディスプレイが上手く、モデルルームのようにキレイなため「こんな部屋に住みたい!」などと夢見てしまうが、サイズやデザインをよく考えて購入しないと痛い目にあうかもしれない。

 

記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


壁紙覚え書き

2015/02/02 03:35

白壁 LV-5365
色壁 LV-5369
天井 LV-5511
以上
 
 

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


リフォームシリーズ、下駄箱の上をいじる。

2014/04/11 12:08

洗面所に続き、玄関〜廊下をリフォームしたが、玄関横にある下駄箱の上が少々汚い。どうやら、このマンションを作った時の大工が下手なのか、ボードが曲がって貼り付けられているようで、下駄箱との間に溝が出来てしまっているのだ。それをコーキング剤で埋めてはあるのだけど、それが汚れてしまって落ちないのだ。

画像


そんなわけで、今日もまた三郷のスーパービバホームにて材料を調達。プラスチックのモールを買ってきた。これを貼り付けて汚れをなかったコトにするわけだ。
またしても先日購入した「ゼットソー」が活躍。切断面も一発でキレイだ。

画像


これを、ニトムズの「多用途強力両面テープ」(品番J1300)で貼り付ける。結果、右の面は隙間が若干開いてしまったが、元よりはキレイに仕上がったと思う。

画像





記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


トイレのリフォーム

2014/04/11 03:29

一連のリフォームシリーズとして、今度はトイレのリフォームをした。

今回のメニューは
・壁紙(天井と壁)を貼り替える
・床のクッションフロアとソフト巾木を貼り替える
・天井のダウンライトを交換する(IKEA)
・既存の埋込み式収納棚を撤去する
・額縁と、それを照らすLED照明を付ける(IKEA)
・上記LED照明のための電源確保
・タオル掛けを交換

材料
・クッションフロア  東リ CF9082
・壁紙  リリカラ LV-5317(天井)LV-5355(壁)LV-5357(壁・アクセント)
・天井用シーリングライト  IKEA LOCK
・額縁とLED照明  IKEA RIBBA
・タオル掛け  品番不明(スーパービバホームで購入)


まずは、既存の壁紙を剥がし、埋込み式収納棚も外した。作業しやすいようにタンクのフタは取り、隠れている壁紙はどうせ見えないので剥がせるところまでカッターを入れて剥がす。

画像


既存のクッションフロアも剥がす。糊が固まってしまっているので手強いが、根気よくやる。カッターを入れて細長くしてやると剥がしやすい。

画像


埋込み式収納棚を外した穴の部分は、板で埋める。隣の小さい穴は、額縁のLEDライトの電源で、天井の照明から電線を引いている。ちょうど額で隠れる場所にした。

画像


板の継ぎ目が目立たないように、パテで埋める。乾いたらサンダーを掛け、触って段差がわからなくなるまで2〜3度繰り返す。

画像


天井に開いているダウンライトを撤去した穴は、新しいシーリングライトで隠れてしまうので特に処理はしなかった。ただ、シーリングのコネクタを新設するため、天井裏の間柱に板(写真に見えているもの)を渡してある。穴の中心に付けていないのは、IKEAのシーリングライト側の取付位置がセンターにないから。これはIKEAの商品が悪い。(日本の殆どの製品は、取り付け器具が真ん中にあります。じゃないと部屋の真ん中に取り付けられないし・・。)

画像


床にまんべんなくクッションフロア用の接着剤を塗る。

画像


接着剤を塗るオレ。

画像


クッションフロアが貼れた。便器は固定されているので、縁で切り抜いてある。

画像


壁紙を貼り、外してあった器具を取り付け完成。タンクの上に本や小物が置ける棚を設置した。額にはまだ絵は入っていない。

画像


4/13追伸

今回の材料費
・壁紙
390円/1mを 約10.5m 4,095円
・糊付け
60円/1mを 約10.5m 630円
・クッションフロア
1800ミリ巾 1,200/1mを 約1m 1,200円(実際は1度失敗)
・天井ライト
IKEA LOCK 822円
・額縁とLED照明
IKEA RIBBA 額2,561円 照明2,561円
・タオル掛け 約1,500円
・ソフト巾木
150円/1mを 約4m 600円
合計13,969円
実際には、この他パテ、シーリングライト用部品、電線、壁を埋めるための木材、棚板などで2,000円ほど、また壁紙なども多少余分に買っているので、多少かかっている。

記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


コンセントをいい感じに

2014/03/26 03:40

玄関と廊下のリフォームで、各照明のスイッチ類を新しくした。
今まで付いていたのが「フルカラー」というシリーズ、新しくしたのが「コスモシリーズワイド21」というシリーズだ。どちらも松下電工製で、どこへ行っても同社製しかなく、デファクト・スタンダードとなっているようだ。さすがPanasonicって感じ。

で、名前や見た目からも「コスモシリーズワイド21」の方が豪華な感じだし、機能的にも、例えばスイッチは大きな面で押しやすいし、一度押せばオン、もう一度押せばオフになるので使いやすい。
また、「フルカラー」の方は、周りのパーツはキレイに出来ても、スイッチ本体も露出していて汚れを取るのは難しい。一方「コスモシリーズ」は表面にスイッチ本体は露出していないので全部品をキレイにすることができる。
なのに、値段はそれほど変わらない。楽天のあるお店などでは、片切(単純なオン・オフ)スイッチの、フルカラーが390円でコスモシリーズワイド21の方が360円で販売されている。ホームセンターではどちらが安いかは不明だけど、大差はないと思う。洗面所もコスモシリーズワイド21にすればよかった・・。


フルカラー

画像



コスモシリーズワイド21
画像


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


洗面所リフォーム完成

2014/03/24 02:59

洗面所リフォームの後に、すでに玄関と廊下のリフォームを開始して、それももう終わろうとしているんだけど、一応洗面所リフォームが完成したということで書いておこうと思う。
3/12のブログに書いたとおり、壁紙自体は貼り終わったものの、電気のスイッチ類がむき出しのままだった。これらをすべて新しいものに交換した。

まず、洗面左、写真の左側にあるキッチンの照明スイッチだ。単純なオン・オフのスイッチと違い、三路スイッチというのが付いている。三路スイッチというのは、例えば階段の上と下についていて、どちらのスイッチでも共通の照明をオン・オフできるスイッチのことだ。

画像


次は洗面台右のプレート。上がコンセント、下が洗面台の鏡の上に付いている照明スイッチ。以前はコンセントが下だったが、今回ある理由により上下入れ替えた。

画像


そして浴室入り口にある、浴室の照明スイッチ。ユニットバスのリフォームをした際、業者の人が、お世辞にも上手いと言えない取り付け方をして帰ったので少々苦労した。本当なら上にある浴室換気乾燥機のコントローラーとセンター合わせにするか、右の面合わせにしたいところだったが・・。

画像


で、コレが洗面所天井に付いている照明用のスイッチ。本来はここに、照明スイッチと換気扇のスイッチがついていたのだが、浴室換気乾燥機の新設によって、ここのスイッチではなくコントローラーで制御されることになり、不要になった換気扇のスイッチを無くすことにした。また、照明を人感センサー付きのLEDに替えたので、スイッチは常にオンでもよくなった。

画像


そして、洗面台右のプレートにあるコンセントを上にした理由がコレ。ホテル用のドライヤーをこのように設置してみた。性能的にはどうなのかわからないけど、オークションで1,000円でゲットできたので安上がり。

画像


その他、今回新たに購入したものなど。
古いものが壊れていたのでテスターを買った。そして、石膏ボードへ強力にネジを止めるためのアンカー。養生テープ。

画像

画像

画像

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


リフォームシリーズ、下駄箱の上をいじる。

2014/03/23 22:09

洗面所に続き、玄関〜廊下をリフォームしたが、玄関横にある下駄箱の上が少々汚い。どうやら、このマンションを作った時の大工が下手なのか、ボードが曲がって貼り付けられているようで、下駄箱との間に溝が出来てしまっているのだ。それをコーキング剤で埋めてはあるのだけど、それが汚れてしまって落ちないのだ。

画像


そんなわけで、今日もまた三郷のスーパービバホームにて材料を調達。プラスチックのモールを買ってきた。これを貼り付けて汚れをなかったコトにするわけだ。
またしても先日購入した「ゼットソー」が活躍。切断面も一発でキレイだ。

画像


これを、ニトムズの「多用途強力両面テープ」(品番J1300)で貼り付ける。結果、右の面は隙間が若干開いてしまったが、元よりはキレイに仕上がったと思う。

画像





記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


タイトル 日 時
洗面所にランドリーパイプ
洗面所にランドリーパイプ 我が家の洗面所は洗濯機置き場にもなっている。今の季節、外よりも部屋の中のほうが洗濯物がよく乾くし、去年のリフォームで浴室換気乾燥機を設置したので、洗い終わった衣類をベランダまで運ぶことが少ない。 ところが、洗濯機から衣類を取り出し、浴室のランドリーパイプ(物干し竿)に掛けてある物干しハンガーへ吊るす作業が思いのほか面倒くさい。 なので、浴室にあるようなランドリーパイプを、洗面所にも設置することにした。一度洗面所で吊るしてから浴室なり別の部屋なりへ運ぶというわけだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/03/20 20:49
洗面所の壁紙を貼り替えた
洗面所の壁紙を貼り替えた タイトル通りだが、家の洗面所の壁紙を貼り替えた。 壁紙貼り替えを上手にやるコツは、とにかく下地作りを丁寧にやること。そして、この写真のように、コンセントやスイッチなどのプレート類は面倒臭がらずに外しておくこと。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/03/12 04:45
リフォームじゃないけれど・・
リフォームじゃないけれど・・ 先日、風呂とキッチンをリフォームした我が家。そして実家も計画中である。しかし、どこか綺麗にすると、それ以外のところが汚く見えてきてしまう。 そんな中、トイレットペーパーのホルダーが機能的には十分なのだが、新しいものに変えようと思った。ショッピングセンターなどのトイレで見かける、2連でちょっとした棚になっているものが良いとカミさんのリクエストもあった。実家のリフォームに際して手に入れたメーカーのカタログで見ると、かなり高額だったのだが、アマゾンで検索してみると2000円しないで手に入ることが... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/02/25 21:51

トップへ | みんなの「リフォーム」ブログ

爆 裂 伊 香 保 温 泉 グ ロ ブ リフォームのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる